スポンサーリンク

人間関係もわかる!半沢直樹(2020)登場人物

人間関係もわかる!半沢直樹(2020)登場人物

ネタバレを含みます。

登場人物・東京セントラル証券編(原作:ロスジェネの逆襲)

半沢 直樹(堺 雅人)

半沢 直樹(堺 雅人)

東京セントラル証券企画部長。東京中央銀行営業2部から出向中。IT企業・電脳雑技集団のアドバイザーとしてスパイラル社の敵対的買収に協力するが、スキーム決定までのスピードの鈍さを理由に契約を一方的に破棄される。しかし本当の理由が大口融資を実行したい東京中央銀行証券営業部の横やりだと気づき、スパイラル社買収に関するフォックス社と電脳雑技集団の裏取引を知ると「やられたら倍返し」の流儀に従って行動を開始する。自分を必要としてくれる人のため、会社の利益のために全力を尽くすという信念のもと親会社に戦いを挑み、ついには電脳雑技集団の秘密を暴く半沢。その先に待っているのは再出向か、それとも……!?。

半沢 花(上戸 彩)

半沢 花(上戸 彩)

半沢の妻。フラワーアレンジメントの仕事をしていたが結婚を期に専業主婦に。原作ではまったく出てこないため、どんなシーンが設定されているのか…………?

渡真利 忍(及川 光博)

渡真利 忍(及川 光博)

半沢の同期であり親友。東京本部融資課に在籍。『銀行は人事がすべて』が信条。「おまえは敵を作り過ぎる」と忠告する一方で与信部門を軸に独自で築き上げた情報ネットワークを駆使して銀行の経営陣の動きを伝え、半沢の銀行復帰を後押しする。今回は電脳雑技集団が一方的に東京セントラル証券との契約を破棄した理由や、東京中央銀行がフォックス社に対して1000億円の支援を検討していること、フォックス社に身売りの噂があることを半沢に伝えた。

森山 雅弘(賀来 賢人)

東京セントラル証券企画部。新卒入社の若手社員。就職氷河期のまっただ中に就職活動を強いられたロスジェネ世代で、半沢らバブル世代を疎ましく思っている。理屈っぽい性格で主要ポストがすべて銀行からの出向組で固められていることに不満を持っており、特に企画部次長の諸田に対しては怒りを隠せない。しかし洞察力は鋭く、電脳雑技集団が企業買収実績に乏しい東京セントラル証券に協力を求めてきたことに疑問を持つ。スパイラルの瀬名は中学・高校の同級生で、親友と呼べる関係だった。半沢の進言で連絡を取ったことにより、事態は大きく動き出す。

諸田 祥一(池田 成志)

東京セントラル証券企画部次長。2つ年下の半沢と同じバブル世代&出向組で、勢いだけで突き進んできた精神論信仰の営業出身者。成功すれば巨額の手数料が入るスパイラル社の買収案件を担当しながら、勝機はないと踏んで電脳雑技集団とアドバイザリー契約を結んだことを東京中央銀行にリーク。その情報と引き換えに銀行復帰と証券営業部への栄転を勝ち取った。

浜村 瞳(今田 美桜)

浜村 瞳(今田 美桜)

東京セントラル証券企画部。新卒入社の若手社員。情報システム部出身で証券トレーディングシステムの大規模リニューアルプロジェクトを担当後、異動になった。何があっても逃げずに戦う半沢直樹を尊敬している。スパイラル社が運営しているPCサイトの星占い(ふたご座)を見るが何よりの楽しみ。エピソードゼロ『狙われた半沢直樹のパスワード』あらすじと登場人物

三木 重行(角田 晃広)

東京セントラル証券企画部。東京中央銀行からの出向組。スパイラル社の買収プロジェクトチームのリーダー。スキームづくりに時間を要し、それが電脳雑技集団の契約撤回という事態を招く。しかし、どういうわけか東京中央銀行の証券営業部へ異動。そこで伊佐山から約束とは違うグループに追いやられ冷遇を受けると、半沢に契約撤回について真実を打ち明ける。

尾西 克彦(粟島 瑞丸)

東京セントラル証券企画部。新卒入社の若手社員。森山と同じロスジェネ世代の一人。

岡 光秀(益岡 徹)

東京セントラル証券社長。東京中央銀行の専務取締役だったが、頭取の椅子を巡る出世レースに敗れた。上昇志向の塊で負けず嫌い。感情をむき出しにするタイプ。「銀行を見返せ」が口癖。高収益を挙げて銀行を見返したいがために、スパイラル社買収の件ではハイリスクハイリターンの成功報酬型契約の締結を半沢に厳命したが……。

三笠 洋一郎 (古田 新太)

東京中央銀行副頭取。電脳雑技集団によるスパイラル買収案件を成功させるため、本件が銀行の証券部門に多大な利益をもたらすと役員を説いて回り、頭取の中野渡をも説得した。言葉数の少ない男だがけっして温厚な性格ではなく、半沢直樹率いる子会社の反乱に激高する。

伊佐山 泰二(市川 猿之助)

東京中央銀行証券営業部長。旧東京第一銀行出身で将来の経営陣として期待されている一人。電脳雑技集団の中国進出を支援したメインバンクのリーダーとして、三笠の命を受け東京セントラル証券から強奪したスパイラル社の買収プロジェクトを指揮する。旧産業中央銀行出身の半沢とは企画部時代に激しくやり合った仲。大和田を失脚させたことで、当時にも増して彼を敵視している。

野崎 三雄(小久保 寿人)

東京中央銀行証券営業部次長。伊佐山の右腕となってスパイラル社の買収プロジェクトを進行する。

苅田 光一(丸 一太)

東京中央銀行法務部次長。半沢、渡真利とは同期入社。関西法務部から本部へ異動になったのを機に親交を深め、法務の専門家の立ち場から新株発行に関する問題点とリスクを話して聞かせる。

中野渡 謙(北大路 欣也)

中野渡 謙(北大路 欣也)

東京中央銀行頭取。旧東京第一銀行出身。温厚な性格で、何よりも「人」を大切にしている。合併後も何かと対立する東京第一銀行出身者と産業中央銀行出身者の派閥意識をまとめあげようとしている。半沢直樹のことは信頼しているが、常務の大和田を失脚させた後、東京セントラル証券への出向を命じた。

平山 一正(土田 英生)

売上3000億円を超えるIT企業・電脳雑技集団の社長。積極経営が信条で事業規模を拡大するため同業のスパイラル社の買収を計画し、東京セントラル証券に協力を求める。しかし巨額融資を受けている東京中央銀行の指示で東京セントラル証券との契約を反故に。伊佐山の買収計画に乗る。この計画は頓挫し最終的には公開買い付けを行うが、この会社には東京中央銀行に明らかにしていない秘密があった…………。

平山 美幸(南野 陽子)

電脳雑技集団社長夫人。金勘定にしか興味がなく、彼女にとって社員は使い捨ての駒でしかない。財務部長の退職についても「去る者は追わず。代わりはいくらでもいる」と一蹴した。

玉置 克夫(今井 朋彦)

電脳雑技集団財務部長。スパイラルを買収する必然性をまったく感じていない一人。以前から何を意見しても平山夫妻の独断で事がすすむ環境に嫌気がさしていて、今回の件を機に会社を辞める決意を固める。

瀬名 洋介(尾上 松也)

独立系IT企業スパイラル社の社長。父親は株の投資に失敗し自死している。検索エンジン開発を中心にwebビジネスを展開し、資本金100万円の会社を売上1,200億円を超える企業に成長させた。財務担当役員の清田が会社を去った矢先、東京中央銀行の伊佐山が指揮した時間外取引という裏技によって株の30%を電脳雑技集団に買い占められ、窮地に立たされる。エピソードゼロ『狙われた半沢直樹のパスワード』あらすじと登場人物

加納 一成(井上 芳雄)

加納 一成(井上 芳雄)

スパイラル社の創業メンバーで専務。戦略担当役員。成長に翳りがみえるなか、清田とともに金融・投資など新分野でのビジネスモデル開拓を主張。あくまでも既存路線での拡充をめざすという瀬名と激しく対立し、東京セントラル証券のトレーディングシステム開発の中止が発表された後、取締役を退いた。新会社を設立するつもりらしい。エピソードゼロ『狙われた半沢直樹のパスワード』あらすじと登場人物

清田 正伸(加藤 啓)

スパイラル社の創業メンバーで元財務担当役員。取締役会の席で慎重派の瀬名と経営方針を巡って激しく対立。入念に準備したビジネス計画が認められなかったため会社を去った。

広重 多加夫(山崎 銀之丞)

太陽証券営業部長。スパイラル社とアドバイザリー契約を結び、電脳雑技集団による敵対的買収の防衛策として、フォックス社を引受元とする新株発行(ホワイトナイト)を提案。成功報酬として5億円を要求する。

郷田 行成(戸次 重幸)

PC周辺機器販売大手フォックス社の社長。たたき売りに近いパソコンの低価格販売で売上を伸ばしており、IT業界では一目置かれる存在。太陽証券の広重の提案により、窮地に立たされたスパイラルのホワイトナイトとして現れる。しかしフォックスのメインバンクは東京中央銀行で、裏では電脳雑技集団とも繋がっていて……。

女将・智美(井川 遥)

小料理屋の美人女将。原作では登場しない人物。

大和田 暁(香川 照之)

大和田 暁(香川 照之)

東京中央銀行取締役。支店長時代、妻のブティックの経営を助けために行った又貸しが露見し、常務から取締役に降格。懲戒解雇されて当然だったが、中野渡の寛大な裁きで本社に残った。そのことに恩を感じ、頭取に忠誠を誓っているのか……?原作では登場しないため、現時点ではどう描かれるのか不明。

半沢直樹(2020)エピソードゼロ『狙われた半沢直樹のパスワード』あらすじと登場人物
...
オリジナルドラマ 半沢直樹(2013)敗れし者の物語【元西大阪スチール社長・東田満編】
...
オリジナルドラマ 半沢直樹(2013)敗れし者の物語【元東京中央銀行 大阪西支店 浅野匡支店長編】
...
オリジナルドラマ 半沢直樹(2013)敗れし者の物語【元東京中央銀行 東京本部 小木曽忠生人事部次長編】
...

登場人物・帝国航空編(原作:銀翼のイカロス)

後半は半沢直樹がとうとう政治家と対決する帝国航空編。3月末現時点で明らかになっているのは乃原正太(筒井道隆)、白井亜希子(江口のり子)、箕部啓治(柄本 明)黒崎駿一(片岡愛之助)の4名だけ。

半沢をサポートする田島春、ヒール役の紀元平八、真相解明のキーマンとして登場する富岡義則、”鉄の女”として描かれている谷川幸代の配役は誰になるのか……!?

また、原作では登場しない大和田暁のその後がどんな形で描かれるのか。広報部長となった近藤直弼の登場はあるのか……楽しみは尽きません!発表があり次第、追記していきます。
(※現在紹介しているのは、原作から推測した登場人物像です)

半沢 直樹(堺 雅人)

半沢 直樹(堺 雅人)

東京セントラル証券への出向を終え、以前と同じ営業第2部次長として東京中央銀行に復帰。早速、中野渡の勅命という形で東京中央銀行にとって最重要課題となっている帝国航空の経営再建を担当。銀行の本業をおろそかにしている審査部、危機感のない帝国航空の経営陣、銀行の債権を無視して再建を進めようとする政治家と対決する。

半沢 花(上戸 彩)

半沢 花(上戸 彩)

半沢の妻。フラワーアレンジメントの仕事をしていたが結婚を期に専業主婦に。半沢の妻。フラワーアレンジメントの仕事をしていたが結婚を期に専業主婦に。原作ではまったく出てこないため、どんなシーンが設定されているのか…………?

渡真利 忍(及川 光博)

渡真利 忍(及川 光博)

東京中央銀行融資部企画グループ次長。同期であり親友の半沢を銀行の中枢にいるべき人間だと評価している。行内きっての情報通で、行員の半分は顔見知りだと豪語する。霞ヶ関にも多くの情報源を確保していて、帝国航空再建に関わる金融庁の介入の裏に箕部がいることを突き止める。

曾根崎 雄也

東京中央銀行審査部次長。銀行内では強引な仕事で知られるが外では大口取引先の言いなり。帝国航空の杜撰な再建計画を認定してさらなる業績悪化を招いた責任者の一人だが、「誰がやっても同じだ」と開き直り、半沢に修正案の作成を引き継ぐ。

紀元 平八

東京中央銀行の債権管理担当(不良債権回収)常務。曾根崎の元上司。神谷巌夫をはじめ、帝国航空の経営陣とは昵懇の仲で、再建計画の修正を頭取マターとして営業第2部に任せることに強硬に反対した。進政党の箕部には頭が上がらず、タスクフォースの債権放棄案の決定を迫られ、いいように操られる。

田島 春

東京中央銀行審査部調査役。半沢をリーダーとする帝国航空再建修正案作成チームの一員。丁寧さと粘り強さが信条。以前、別の部署で一緒仕事をしたことがある半沢も「できる男」だと認め信頼している。半沢とともに銀行内外と戦いながら逞しく成長し、やがて東京中央銀行と箕部啓治が蜜月関係にあった証拠をつかむ。

内藤 寛

東京中央銀行営業第2部長。半沢の能力、人柄を高く評価し、絶対的な信頼を寄せている。経営陣や取引先から理不尽な要求を突きつけられて熱くなる半沢をなだめつつ、常に味方となってサポートする。

中野渡 謙(北大路 欣也)

中野渡 謙(北大路 欣也)

半沢直樹を営業第2部次長のポストに戻し、銀行にとって最重要課題である帝国航空の経営再建を託す。しかし政権交代と同時に『帝国航空再生タスクフォース』が誕生したことによって行内融和を優先。債権放棄に含みを持たせる。

牧野 治

東京第一銀行と産業中央銀行が合併した当時の副頭取。数百億円の不正融資にからむ特別背任罪で逮捕され、保釈後に妻と娘へ遺書を残して自死を遂げた。

灰谷 英介

東京中央銀行法人部部長代理。東京中央銀行が代議士の箕部啓治に対して5年間担保設定なしという不可解な条件で20億円の個人融資を行っていた当時の融資担当者。出世コースに乗っている。

富岡 義則

東京中央銀行検査部部長代理。通称トミさん。”象の墓場”と揶揄され、出世コースを外れた行員が静かに出向の時を待つ場として知られる検査部に7年間も居座っている特別な存在。口は悪いが仕事が速い上に面倒見がよく、半沢が新人の頃は毎日のように飲みに行く間柄だった。あらゆる業務に精通していることを知る半沢に頼まれ、箕部への融資の件について調査する。

谷川 幸代

帝国航空のメインバンクで2,500億円の融資を行っている政府系金融機関・開発投資銀行の企業企画部第4部次長。『帝国航空再生タスクフォース』による債権カット案を受けて、非難の矛先を再建案を作成した東京中央銀行に向ける。しかしそこにはバンカーとしての葛藤があり……。

神谷 巌夫

帝国航空社長。財務担当だったがお家騒動による棚ぼたで社長に就任した。業績が好転しない要因を銀行や景気、社会情勢のせいにしている経営者で、経営破綻に直面している企業のトップとしての危機感はない。

山久 登

帝国航空の財務部長。東京中央銀行との交渉窓口。半沢たちが作成した大胆なリストラを軸とする修正案をバッサリと切り捨て、他行による融資受け入れを臭わせる。しかし『帝国航空再生タスクフォース』発動後は半沢たちに協力する。

乃原 正太(筒井 道隆)

大手企業の再建をいくつも手がけてきた豪腕の弁護士で『帝国航空再生タスクフォース』のリーダー。帝国航空の業績悪化を指をくわえて見ていたと銀行を卑下し、国交大臣の威光を振りかざして700億円の債権をもつ東京中央銀行の再建計画を否定する。幼い頃、銀行員を父に持つ同級生にいじめられた恨みを今も忘れていない。

三国 宏

『帝国航空再生タスクフォース』のサブリーダー。外務省のキャリア環境から外資系ファンドに転身。企業買収・再生分野で豊富な実績をもつ。帝国航空のスピード再建には東京中央銀行の債権カットは必然と考えている。

白井 亜希子(江口 のり子)

与党・進政党の代議士。元アナウンサーで箕部派の若手リーダー。政権交代によって国土交通大臣に就任。前政権との違いをアピールするために半沢たちが作成し有識者会議で承認された帝国航空再建の修正案を白紙撤回。企業再生の専門家を集めて『帝国航空再生タスクフォース』を立ち上げる。権力欲が強く政界の中心を狙っている。

箕部 啓治(柄本 明)

”利権のデパート”の異名をとる進政党の代議士。憲民党を離党して進政党を旗揚げした重鎮。憲民党時代に旧東京第一銀行の歴代役員と蜜月の関係を築いて都市開発や道路建設で莫大な利益を生み出し、舞橋空港も建設した。現在は審査部の紀元を通じて東京中央銀行への影響力を維持している。

的場 一郎

内閣総理大臣。政治とカネのスキャンダルから決別を旗印している進政党総裁。国民の人気に配慮して華やかでクリーンなイメージの白井亜希子を国土交通大臣に任命。箕部啓治の口添えもあってタスクフォース立ち上げを承認した。

黒崎 駿一(片岡 愛之助)

黒崎 駿一(片岡 愛之助)

金融庁検査局主任検査官。オネエ言葉と爬虫類を思わせる粘っこい目線で若い部下を震え上がらせている。今回は帝国航空に対する与信状況について東京中央銀行へヒアリングを行う。真の目的はもちろん、西大阪スチールの隠し財産回収、伊勢島ホテルの融資案件の2度にわたって敗れた半沢直樹へのリベンジだ。

大和田 暁(香川 照之)

大和田 暁(香川 照之)

東京中央銀行取締役。支店長時代、妻のブティックの経営を助けるために行った又貸しが露見し、常務から取締役に降格。懲戒解雇されて当然だったが、中野渡の寛大な裁きで本社に残った。そのことに恩を感じ、頭取に忠誠を誓っているのか……?原作では登場しないため、現時点ではどう描かれるのか不明。

コメント