スポンサーリンク

デヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』が25年の時を経てWOWOWに帰ってきます!

デヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』が25年の時を経てWOWOWに帰ってきます!

Jake Wardle, James Marshall and David Lynch behind the scenes of Twin Peaks. Photo: Suzanne Tenner/SHOWTIME

タイトルは『ツイン・ピークス The Return』

2017年7月、『ツインピークス』がWOWOWに帰ってきます。タイトルは『ツイン・ピークス The Return』。このドラマがWOWOWで放映されて大きな話題を呼んだのは1991年。開局を飾る目玉作品のひとつでしたが、当時のわたしには有料放送を視聴するなどおよびもつかないことで、ブームがすっかり去ったあと、京阪電鉄枚方市駅ちかくのTSUTAYAでビデオをレンタルしたのでした。

もともと好きなジャンルですのでかなりのめり込んだ記憶がありますが、当時は仕事がとにかく大変な時期。休日にドラマや映画を楽しむ時間がどんどん削られて、事件の真相を見届けることなくさようならしました。ですから、ラストシーンで語られたという台詞に準じて25年後の世界が描かれると聞いた時、このちいさな胸に去来したのは最後まで見なかったことに対する後悔と、いまから追いかけて間に合うかしら?という焦りだったのすが、そこはWOWOW。おさらいをする時間をしっかり確保してくれています。
わたしのように前作をラストまで見ていない方はもちろん、25年前はまだ生まれてさえいないというあなたも、ここから始めてみようじゃありませんか。

『ツインピークス』(全30話)は2017年6月23日(金)夜11:00スタート!(初回無料・5週連続オールナイト放送)

『ツイン・ピークス The Return』は2017年7月22日(土)夜9:00スタート!

『ツインピークス』ストーリーのおさらい

カナダの国境に近い田舎町ツイン・ピークスで、17才の女子高校生ローラ・パーマーが何者かに殺される。FBI捜査官デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)が、地元の保安官ハリー・トルーマン(マイケル・オントキーン)とともに捜査を進めていくと、小さな町の裏で渦巻いていた愛と欲望、憎しみと裏切りにみちた人間関係が明らかになっていく。また、常識を超えた怪現象も続々と発生し、クーパーたちを惑わせていく・・・・・・。

momocoのひとこと言わせて!

監督は前作同様にデヴィッド・リンチ(鬼才とか奇才とか書かなくていいよ!)。映画.comによると

米テレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーにサプライズ登場したリンチ監督は、さまざまな質問を謎めいた答えでかわしつつも、「新シーズンは一つの大きなストーリーを軸にしている(脚本は一気に書き上げた)」「ローラ・パーマーの最後の7日間の物語が非常に重要」と明かしている。

とのこと。現時点では放送日が明らかになっていない映画『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』も、新作のスタート前に見ておきたいところです。

コメント