スポンサーリンク

【動画配信サービス徹底検証】フジテレビ黄金期のドラマをAmazonPayで1か月無料視聴!FODプレミアム編

FODプレミアム

【動画配信サービス徹底検証VOL.7】フジテレビ黄金期のドラマをAmazonPayで1か月無料視聴!FODプレミアム編

DATA

無料視聴期間1カ月間(AmazonPayで登録時)
無料視聴のアカウント登録AmazonPay
無料視聴時のクレジットカード登録なし(AmazonPayのみなので不要です)
無料視聴から加入契約への切り換え自動継続(無料視聴期間内に退会処理が必要)
加入料なし
加入後の月額視聴料888円(税別)
加入後の決済方法AmazonPay、楽天会員ID、Yahoo! JAPAN ID、docomo ID、auID、My SoftBank、フジテレビID
対応デバイスPC、タブレット端末、スマホ(iOS・Android)
オフライン視聴(ダウンロード視聴)非対応

momocoがFODプレミアムの無料視聴をはじめた理由

YouTubeにアップされていた1989年放送(フジテレビ・月9)の名作学園ドラマ「愛しあってるかい!」を見て、本来の画質・音声で全話を視聴したいと思ったからです。FODプレミアムはドラマ、バラエティを放送終了に期間限定で無料配信するサービス「FOD見逃し無料」を利用していて使い勝手の良さも分かっていましたので、安心してYahoo!Japan IDで登録しました。もちろん、カレンダーにはそのあとすぐ無料視聴期間が終了する日付に赤丸をつけ「FOD終了」と記入しました。

ユーザーになって分かった!FODプレミアムの特徴

名作ドラマとバラエティを中心に「独占」見放題タイトルが 5,000 本以 上!

名作ドラマとバラエティを中心に「独占」見放題タイトルが 5,000 本以 上!
「独占」というのはFODプレミアムだけで視聴可能な作品を示し、その数は5,000 本以 上。ドラマでは「北の国から」「愛しあってるかい!」「古畑任三郎」「白い巨塔」「ひとつ屋根の下」「101回目のプロポーズ」、バラエティでは「笑う犬の生活」「リチャードホール」「人志松本のすべらない話」などがそれで、特にドラマはフジテレビが無敵の進撃を続けていた80~90年代の名作がズラリ。それがいつでも見られるというのは確かに他のサービスにはない魅力であり、わたしのようにテレビが一番のトモダチだった者にとっては精神的な安定感をもたらす動画配信サービスです。

ドラマから音楽番組まで、2018 年は FODオリジナルとして20タイトルを制作!

ドラマは、dtvと共同制作した「花にけだもの」「パパ活」「彼氏をローンで買いました」をはじめ、「クズの本懐」「明日もきっと君を幸せにする」「ラブホの上野さん」「ROAD TO EDEN」などがラインナップ。地上波では高く評価されることが難しいジャンルをネットで先に公開している、という気がしないでもありませんが豪華な俳優陣を揃えたSFドラマ「ROAD TO EDEN」はSNSの反応もよく、VODユーザーの注目度が高くなっていることは間違いないようです。

音楽番組では地上波では放送が終了した「みんなとオマエラの歌」が、歌のお姉さん役にセクシー女優の紗倉まなを配して復活。三代目 J Soul Brothersのパフォーマー山下健二郎主演のオリジナルドラマ(dtvと共同制作)「LOVE or NOT」を、三代目 J soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカリスト、今市隆二がホストを務める音楽番組として昇華させるなど、チャレンジ精神旺盛です。

フジテレビ以外の作品も盛りだくさん!

フジテレビの「独占」タイトルだけで5,000本を超えているので、無料視聴期間にどれだけのユーザーが海外ドラマや映画を探すかな?というところではありますが、フジテレビのタイトルだけではないのがFODプレミアムの特徴でもあります。映画は邦画・洋画とも、大人の名作から、アニメ、ファミリー、キッズまで 多彩なジャンルを見放題で配信していますよ。

100誌を超える雑誌が追加料金なしで読み放題!

ファッション、ビジネス、スポーツなど100誌を超える人気雑誌が、無料視聴期間も追加料金なしで読み放題!わたしは他の電子書籍サービス(dマガジン)に加入しているので、いまのところ使う機会はありませんが、これまで電子書籍サービスを利用したことがないという方は、ぜひ無料視聴期間にスマホやタブレット(もちろんPCでも閲覧できます)で体験しておきましょう。

本が売れない時代と言われて久しく、雑誌とは縁がなくなった方も多いと思いますが「雑誌はいいものだなあ」「電子書籍は読みやすいな」と感じることうけあいです。

見放題以外のタイトルは、ポイントを購入すれば視聴できます。

FODプレミアムには見放題ではないコンテンツもあり、それはポイントを購入することによって視聴可能になります。つまり有料ということですね。FODプレミアムの特徴は、そのポイントを無料視聴登録の完了時に100ポイント、毎月8日、18日、28日にそれぞれ400ポイントを進呈してくれること。月初に無料視聴のユーザー登録を完了し、その後の31日間のうち8の付く日にサイトにアクセスするだけで100+400+400+400=1,300ポイント(1,300円相当)がプレゼントされるのです。

いろんな使い方ができますが、わたしは28日までにためた1,300ポイントで、その翌日に大好きなドラマ「Dr.コトー診療所2004」(前・後編/各400ポイントで購入)と、映画「永い言い訳」(400ポイントで購入)を視聴。かなり贅沢な1カ月を過ごすことができました。

momocoのジャッジ

最大の魅力は「面白くなければテレビじゃない」を合言葉に無敵の進撃を続けていたフジテレビ黄金期のドラマ――VHSのビデオテープに録画して擦り切れるまで観た名作ドラマを、考えうる最高の画質・音声で、いつでも視聴できること。ですから80年代、90年代に青春時代を過ごした30~50代の方にこそおすすめしたいサービスですね。

メリットでありデメリットでもあるのは、ドラマや映画の配信タイトルが流動的になること。おそらくはフジテレビが運営する有料CSチャンネル(フジテレビONE/TWO/NEXT)、日本映画専門チャンネルとの兼ね合いでそうなるのでしょうが、見放題だったはずのドラマがポイント購入タイトルになっていることもあれば、人気ドラマの映画化・劇場公開に合わせて全シリーズが見放題になる場合もあります(「コードブルー」のように)。ですから無料視聴期間にはそのあたりも含めて確認しておきましょう。

紹介している作品は、2019年1月30日時点の情報です。現在は配信を終了している場合 ありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページでご確認ください。

コメント