スポンサーリンク

【動画配信サービス徹底検証】新作映画を手軽に早く観たい!という方にオススメ!ビデオマーケット編

【動画配信サービス徹底検証】新作映画を手軽に早く観たい!という方にオススメ!ビデオマーケット編

ビデオマーケット

DATA

無料視聴期間最長1カ月
無料視聴のアカウント登録メールアドレスでIDを作成
無料視聴時のクレジットカード登録必要(クーポンの場合は不要)
無料視聴から加入契約への切り換え自動継続(無料視聴期間内に退会処理が必要)
加入料なし
加入後の月額視聴料プレミアムコース500円(税別)プレミアム&見放題コース980円
加入後の決済方法クレジットカード、キャリア決済(docomo、au、SoftBank)
対応デバイスPC、タブレット端末、スマホ(iOS・Android)、スマートテレビ(対応機種のみ)、Amazon Fire TV、Android Tv 、Chromecast
オフライン視聴(ダウンロード視聴)不可

momocoがビデオマーケットの初月¥0トライアルをはじめた理由

初月¥0トライアルに登録すると進呈される540ポイント(540円相当)を使って劇場公開された新作映画を視聴するためです。ビデオーマーケットは私が好きなゴリゴリの韓国サスペンス映画が充実しているのでかなり迷いましたが『1987、ある闘いの真実』(432ポイント)を選びました。差分の108ポイントは、旧作のレンタル1本分に相当します。

ユーザーになって分かった!ビデオマーケットの特徴

配信タイトルはなんと21万本!新作映画の配信も早い!

配信タイトルはなんと21万本!新作映画の配信も早い!<
邦画・洋画・韓国映画、海外・国内ドラマ、アニメ、バラエティ番組など約21万本を配信。毎週500本以上の作品を追加しており、作品数では日本一を言って差し支えないでしょう。新作タイトルのBlu-ray・DVDの発売に先駆けた先行配信、同時配信も多い。

画質の良さは随一。大画面でもBlu-ray並みの画質を実現!

動画は通信環境によって画像の品質が異なるものですが、ビデオマーケットは視聴するデバイスを問わずに、高品位の状態で配信する「UHQ(ウルトラ・ハイクオリティ・エンコード)という超高画質エンコード技術を独自に開発。大画面モニターでもBlu-ray並みの画質を実現しています。

上映中の映画をネットで視聴できる『デジタル・スクリーン』

首都圏のミニシアターや単館で上映される良質の作品を24時間いつでも視聴できるように、オンライン上の映画館『デジタル・スクリーン』を運営。地方在住の映画ファンにとってはうれしいサービスですね。

見放題作品が少ない……

見放題作品は25,000本以上とのことですが魅力的なコンテンツは少ないので、U-NEXTやhulu、Netflixなど知名度の高い定額制サービスから移行してきたユーザーには物足りないと思います。ちなみに「F」マークは無料視聴できる作品ではなく、予告編です(このあたりの表記も誤解を生むかも……)

momocoのジャッジ

見放題作品は数はあるけど層が薄く、毎月進呈されるポイントはプレミアムコース、プレミアム&見放題コースとも同じ(540ポイント)なので、初月¥0トライアルはプレミアム&見放題コースで体験し、気に入ったらプレミアムコースで継続する、という形になるのかな。お金がかかってもいいので新作映画を手軽に早く観たい!という方、他のサービスで韓国映画のラインナップに物足りなさを感じた方におすすめのサービスです。

※※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の情報はビデオマーケットのサイトにてご確認ください。

コメント