スポンサーリンク

ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』はAmazonプライムで配信中!

ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』はAmazonプライムで配信中!

『パラサイト 半地下の家族』を観て

格差は「におい」となって漂い続ける

ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』はAmazonプライムで配信中!私が生まれ育ったむらの片隅には貧民が暮らす集落があった。長屋が並ぶ集落は昼間でも薄暗く、物騒な話を聞いたことがなくても、ひとりで出歩く気にはなれなかった。その集落を思い出す時、まっさきによみがえってくるのはにおいだ。誰もが豚小屋と呼んでいた、ちいさな養豚場のにおい。風向きによっては家まで届くので、夏場でも窓を閉め切る日が少なくなかった。

それでも、集落で暮らす同級生を「くさい」と思ったことはなかったし、においがいじめや喧嘩の原因になったことは高校生になってもなかった気がする。仲のいい友達がそこにはいなかったこともあるが、その集落でさえそんなふうだったので、ホームレスではない人から漂う”思わず顔を背けたくなるようなにおい”を想像するのは難しい。

さて、この「パラサイト 半地下の家族」は、2019年のカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)受賞作だ。2018年のカンヌ映画祭では是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞しているので、貧しい「家族」の物語なのだろうなと心の準備ができてしまうけど、内容はまったくの別モノ。ポン・ジュノ監督がテーマにしたのは韓国の格差社会。

貧民街の半地下住居で暮らす4人の家族が、家庭教師、運転手、家政婦として丘の上に建つIT長者の邸宅に寄生していくという物語。半地下住居は私の住むまちにもあるが、これは結果として1階の住居が地表より低くなってしまっただけ。韓国の半地下は1960年代、北朝鮮の攻撃から身を守るため、韓国政府が住宅建築の際に避難場所として地下層の設置を義務化する、という形で生まれたものだ。

その地下避難場所は、経済の急成長と人口増加に伴い、住居として認められることになった。そして政府が陽の当たらない環境の改善を目的に地表面の算定基準を緩和したことによって、この映画の家族が暮らす「半地下」住宅へと進化した。

韓国統計庁の2015年人口住宅総調査によると、半地下で暮らしているのは約82万人。韓国の人口は約5,000万人なので、ひと握りとは言えない数の国民が、常に湿気を帯びていて、まとまった雨が降れば汚水が流れ込むような劣悪な空間で息を潜めている。

そんな暮らしの象徴がにおいなのだろう。ホームレスとは違い、身体と衣服を洗うことができるのに、富裕層の人が思わず顔を背け、車の窓を開けずにはいられないにおいとはどんなものなのか。人生の敗者だから仕方がないと諦められた家族がそばにいれば笑って済ませることができるかもしれないが、ひとり残されて、心を許してきた大切な人ににおいを指摘されたら、私はたぶん、あっという間に恥ずかしさと情けなさに支配されて死んでしまうだろう。(momoco)

『パラサイト 半地下の家族』あらすじ

『パラサイト 半地下の家族』90秒予告

『パラサイト 半地下の家族』公式サイト

過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン… しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“ 半地下住宅”で 暮らす貧しい4人家族だ。

“半地下”の家は、暮らしにくい。窓を開ければ、路上で散布される消毒剤が入ってくる。電波が悪い。Wi-Fiも弱い。水圧が低いからトイレが家の一番高い位置に鎮座している。家族全員、ただただ“普通の暮らし”がしたい。「僕の代わりに家庭教師をしないか?」受験経験は豊富だが学歴のないギウは、ある時、エリート大学生の友人から留学中の代打を頼まれる。“受験のプロ”のギウが向かった先は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす高台の大豪邸だった??。

パク一家の心を掴んだギウは、続いて妹のギジョンを家庭教師として紹介する。更に、妹のギジョンはある仕掛けをしていき…“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“ 高台の豪邸”で暮らすパク一家。この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく……(公式サイトより引用)

『パラサイト 半地下の家族』キャストとスタッフ

2019年・韓国 時間:132分
監督:ポン・ジュノ 脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン音楽: チョン・ジェイル
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン、チョン・ジソ、他
受賞歴:第72回カンヌ映画祭最高賞(パルムドール)、2020年アカデミー賞(作品賞、監督賞、国際映画賞、脚本賞)

『パラサイト 半地下の家族』が視聴できる動画配信サービス

サービス名無料期間月額料金配信状況
Amazonプライム30日間500円(税込)レンタル(500円)

『パラサイト 半地下の家族』は現在、Amazonプライムビデオでレンタル配信中です!無料トライアル期間中も視聴できますので、まだ利用したことがないという方はユーザー登録をしてみましょう!

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの特徴

定額制動画配信サイト利用率No.1!
新作・準新作はレンタル、旧作は見放題。
国内外ともシリーズもの映画のラインナップが充実!
海外ドラマは『ゲーム・オブ・スローンズ』『ウエスト・ワールド』などHBO作品を網羅!
国内ドラマも秀作揃い!

DATA

無料視聴期間30日間
無料視聴のアカウント登録メールアドレスでID作成
無料視聴時のクレジットカード登録必要
無料視聴から加入契約への切り換え自動継続(無料視聴期間内に退会処理が必要)
加入料なし
加入後の月額視聴料年間4,900円・月間500円(税込)
加入後の決済方法クレジットカード、キャリア決済(au、docomo)
対応デバイスPC、タブレット端末、スマホ(iOS・Android)、スマートテレビ(対応機種のみ)、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、PlayStation4、PlayStation3、Wii U
オフライン視聴(ダウンロード視聴)可能
【動画配信サービス徹底検証】圧倒的なコストパフォーマンスに王者の貫禄が漂うAmazonプライムビデオ編
...
ポン・ジュノ監督の韓国映画『殺人の追憶』の感想とフル動画配信サービス
...

コメント